資格を取って主婦のブランクを帳消し!再就職を簡単にする!

主婦がイザっていうときの心配が、
・仕事から離れて時間がたつ
・社会的なことからずっと離れていた
・今の時代の変化がわからない

 

こうした「主婦であるがゆえのブランク」です。

 

ひょっとして今、あなたもこうしたことで不安や悩みを持っていますすか?

 

・そろそろ再就職を考えたいけどブランクがハンデにならない?
・主婦業でブランクがあるので資格を取って就職を有利にしたい
・そもそも今どんな資格やスキル※を持てば主婦でも有利に働ける?

 

子育てが一段落したので社会へ出たい。
子供が大きくなってお金もかかるし働きたい。

 

主婦が世の中に出ようと思う時にいちばん生涯に思う、不安に思うのが「ブランク」。

 

それを少しでも有利にしたいという気持ちは当然です。
それで、主婦の資格取得がとても人気になっている。

 

※【スキル(skill)】
スキルとは、教育や訓練を通じて獲得した能力、技術のこと。
・プログラムが書ける・イラストが書ける・メンタルヘルス資格がある・栄養士だった・看護師だった・〇〇資格がある、など。

 

資格を取って主婦の再就職を簡単にする

主婦の不安は「現実のものになりつつある」という状況です。

 

・業種によっては倒産が相次いで、先んじたリストラも多くなっている
・飲食業などはバイトすらなくなっている
・旦那の収入が減って、パートの応募が殺到して競争が激化

 

いったん外に出てみると、今の社会情勢はとても厳しいとわかる。

 

でも、ほんとんどの主婦が立ち止まるのは、
・自分に特技がない
・これと自慢できるスキルがない
・学歴も低いので、競争に勝てる気がしない

 

実際に、第二新卒やリストラ組なども就職採用に真剣に悩んでいる状況。

 

そして悪いことに環境はさらに激化している。
・再雇用制度により「簡単な事務作業で採用されなくなっている」
・仕事が3Kばかりになっている

 

こうしたことが原因で「採用条件が上がっている」ことがある。

 

さらには、「AIの進歩発達で、単純な作業は機械に置き換えられる」時代。

 

実際に、
・清掃ロボット
・ドローンによる点検作業
・事務処理のデジタル化、自動化

 

こうした「人間の手作業がどんどんなくなっている」という状況がある。

 

つまり、「これまで主婦パートが担っていた仕事、就きたいと思っていた仕事がなくなっている」という事実があります。

 

主婦がブランクを持ったまま以前のように再就職できる時代ではなくなったのです。

 

目を覚ます必要があります。

 

専業主婦の再就職に最適な資格や仕事とは?

専業主婦が再就職や正社員になるために有利な資格とは、ブランク明けの主婦が取っておくべき資格、パートやお仕事で有利になる主婦向けの資格とは、、、手に職をつけて仕事をしたい主婦におすすめの資格、、、。

 

主婦の悩みを反映して、たくさんの情報があふれています。
でも、それは全て本当?事実?

 

そんなことにも不安を覚える主婦も多い。
実際はどうなのでしょうか?

 

主婦に人気とされる資格

 

主婦が再就職を考える時に真っ先に希望するのが「事務」。

 

それで、
・医療事務
・登録販売者
こうした医療系の資格が人気とされます。

 

また、採用の門戸が広い、就職しやすいといくことで、
・介護職員初任者研修
・簿記
・保育士
なども人気とされます。

 

実際に、簿記は年間50万人も受験しています。
簡単な資格ならもっと受験者数は多い。

 

それほど主婦の資格熱は熱いということがいえます。

 

資格を取ると有利か

 

でも、それは本当に「主婦の再就職を有利にしてくれる資格」なのでしょうか?

 

答えはyesでもありnoでもありです。

 

医療業界はかなりコネが必要。
病院事務なんてほぼコネ。
紹介があって資格が生きるっていう感じ。
なので、妄信はしない方がいい。

 

正直、人気がある=簡単で誰でも受けられるということ。
なので有資格者があるれている。
実務経験の有り無しの方が重要視される。
自分の経験やお勤め時代やっていたことを洗い出してアピールできるようにしないとダメ。

 

こうした意見もあります。

 

同じ資格を持っていても、
・経験者が有利
・年齢でも若い人が有利
こうした厳しい現実も理解しておくことも必要です。

 

なので、「資格を取れば必ず有利になる」というよりも、「無資格者よりも印象が良い」とすべき。

 

実際には、「人柄や意欲、適正」が見定められて採用不採用が決まる。
資格は、裏付けということです。

 

また、資格がどのくらい仕事に必要なものかでも違います。

 

介護職員初任者研修は介護をする仕事をするなら必ず通らなければならない窓口資格。

 

介護系は求人がいちばん多い。
できるかできないかを試すにしても資格は必要。
ただし、上位資格者との仕事の内容や給与の差は歴然。
自分がどこでどう働きたいのかも考えておくべき。

 

介護はかなり大変な仕事。
反面求人も多い狙い目な仕事。
そこは覚悟がいりそうですね。

 

簿記は、経理するには不要でも、「企業が条件としているなら必要」な資格。
保育士は国家資格で相当難しいため、持っていれば確実に就職が有利になる。

 

簿記2級以上が条件のところをしぶとく待つ、狙う。
それまでは、パートで社会人として慣れていく。
働きながら「就職サイトに登録」しておくと便利。
アキラメないで自分の魅力や実務経験を積んでいくと芽が出る日が来る。

 

高度な資格でもすぐには効果がないことも多い。
そこを、取得した後も目標をあきらめない執念で乗り越えるということですね。

 

パートで行くか、正社員を目指すか、一生ものの仕事に就くか。
自分の目指す働き方、将来像で決めることが大事。

 

その上で資格選びをすることが、成功のポイントといえそうです。

 

手に職をつけて仕事をしたい主婦におすすめの資格

中には、「自分で稼ぎたい、手に職や技術をつけて自分でやりたい」という主婦も大勢います。

 

そうした主婦に人気の資格もあります。
・アロマテラピー
・ネイリスト
・インストラクター
などなど。

 

こうした資格の特徴は、
・学びやすく合格しやすい
・これまでの実績など無関係
・受験資格(学歴など)が無い
チャレンジするためのハードルの低さです。

 

そのため、大勢の主婦に人気です。

 

でも中にはこうした意見も。

 

手に職系の資格では稼げない。
自分でやるにもほかにも多くのノウハウがいる。
助けてくれる知り合いがいるとか。
未経験でもすぐに稼げる系の宣伝には乗らないで!

 

稼げるようになるまでに時間がかかるし、
だいいち、稼げる人がとても少ないというのが本当では?
簡単に取れるっていうことは誰でもできると同じ。
そんな資格や技術で簡単にお金が稼げるなら苦労しない。

 

現実は厳しいというわけですね!

 

どこまで突き抜けられるか

 

「手に職系資格のポイント」は、「やる気」です。

 

結局は、人よりも秀でるか、オリジナルか。
独立するとチャレンジの繰り返し。

 

最後は「やる気がどこまで持つか」、「突き抜ける情熱があるか」。

 

結果として「それが好きで好きでたまらない、やっていることで生きがいを感じている」ような人だけが残る。

 

手に職系資格を選ぶときには、ここがポイントになりそうです。

 

好きをどこまで頑張れるか、ですね!

 

資格は独学?それとも講座を受講する?

資格を取ろうと思ったときの選択肢は3つ。

 

・自学、自習
・通信教育コースで学ぶ
・専門学校へ入校して学ぶ

 

いちばん確かなのは学校で学ぶ方法です。
簿記などの合格率が低い難関資格は、専門学校で取る人も多い。

 

次に多いのが通信教育コースで学ぶ方法。
これなら、自宅で空き時間を作ってできる。
主婦にも取り組み安い。

 

一方で、自学自習で資格を取った!という人も一定数います。
でも、比率的には高くないのが本当のところ。

 

特に、内容が難しい、実務経験が無いならかなり苦労します。

 

経理の経験がなくて「簿記そのものに知識がない」なら、簿記2級はかなり難関です。
簿記3級までの基礎知識がない「用語すら初耳学」ならなおさら。

 

一発で合格するのはかなり難しい。

 

そこで通信教育コースでは段階、順を追って資格を上げていくコースも組まれている。

 

また、資格を取るまでの勉強期間をいかに作れるかという環境面も大事。
・子育てと両立できるか
・毎日どの程度時間が取れるか
・いつまでに取るというスケジュールが立てられるか

 

こうしたことも合格への大切な条件となります。

 

また、もっとせっぱつまった問題として、
・学ぶための費用、受験費用がどのくらいかかるのか
・資格取得にどの程度支出できるのか

 

お金の問題も切実。

 

こうした様々な問題から、主婦がいちばん選んでいるのが「通信教育コース」で学ぶ方法です。

 

勉強なんて主婦になってから(なる前も)もう苦手。
だから、課題がある、質問やフォローがある通信教育でなければ取れなかったと思う。
他から突っつかれないと続かない。

 

主婦は家事などたくさんの家庭での役割がある。
疲れ、勉強時間も思うにまかせない事も多い。

 

そうした奏で最後までやりとげるには「誰かの一押し」も欲しいですよね。

 

実際には、ここが通信教育コースの最大のメリットかもしれません。

 

それでもなお不安は残るのも主婦のあるある

・合格しなかったらお金が無駄になる
・そもそも自信がぜんぜん無い

 

不安や悩みはつきないですよね。

 

・参考書を買って自分のペースでやる方が気が楽だしお金もかからない
・家族にナイショでやるのでお金があまりかけられない
・自分の続かないは証明済み(ダイエットなどで)
・子供が帰宅した後はもう全然時間が取れない
・一発で受からないと完全に自信を失くしてあきらめると思う

 

 

やる前からどんどんづ案がつのる、、、。
でも、これはごく普通の感情、自分を卑下することなありません。

 

こうした悩みを解決しながらできるように工夫されているのも、通信教育コースのメリット。

 

・参考書では最近の経験の傾向がわからないのでお金が無駄になりがち
・月額払いなら毎月数千円なので大丈夫
・続けられるように課題のあるコースを選ぶ
・集中する非を決めて「スタバ、図書館など外を利用する」そんな人も大勢いる
・合格率が30%程度なら、最初から2回を覚悟で挑む

 

気持ちの持ち方や取り組むスケジュールなどもしっかりと決めておけば大丈夫です。

 

そして、これは逆の考え方になりますが、「気楽にやること」も大事です。

 

緊張した過度のプレッシャーがあるとカラダも脳もココロも委縮してしまいます。

 

合格したときの自分を目の前に見ながら!
そんな感じで行くと上手くいくことが多いです。

 

専業主婦がブランクの不安を失くすには資格を活かすこと

主婦が仕事復帰するきっかけの多くは金銭的なもの。

 

・教育費が大きくなってきた
・旦那の収入が思うように増えない(今あるある)
・自分のためのお金が少ない

 

こうした現実的なことが背景にあることが多いですよね。

 

でも、そこから厳しい現実を知ることになる。

 

・仕事のブランクが長くて経験不足がハンデ
・自慢できるスキルがない
・学歴も誇れない
・社会的に認められる資格がない

 

もちろんこれが普通なのですが、それでは勝ち抜けそうにない。

 

・環境が悪化して競争相手が増えている(若者とか)
・パート、バイトが激減してみんなが仕事を探している
・年齢差もあって、体力、柔軟性で敗けそう

 

切羽詰まって「資格を取ってなんとかして勝ち抜きたい!」ということに。

 

でも、その資格でも同じこと、
・若者だって狙って勉強している
・専門学校などより合格に近いところで学ぶ人も多い
・理科度など年齢による衰えは隠せない

 

、、、主婦ってやっぱり厳しいかな、、、

 

主婦が勝てる、勝つための唯一の手段

 

それは自信を持つことです!

 

振り返ればわかることですが、
・何もかも初めての出産〜子育てを苦労して、工夫してやってきた
・どんなに辛くても乗り越えてきた
・家族のため、子供のために頑張ってきた

 

こうした経験は「主婦だけが持つ貴重なもの」です。

 

今は、その頑張り、工夫してきた経験が価値を持つ時代。

 

・主婦の情報発信力が売れ筋を決めている
・主婦が買わなければヒットしない
・主婦に反感を買うと地位すら失う

 

ね!

 

主婦が資格を活かすメリット

 

主婦が頑張って資格を取っても、それがすぐに優位になるわけではないかも知れません。

 

それでも、
・自分磨きをした経験と合格した自信
・ブランクを乗り越えようとした努力、熱意
・ハンデを越えてチャレンジした行動力

 

こうしたことは評価の対象に成りえます。

 

主婦が取れる資格には限界があります。
税理士、保育士など難関資格や実務経験が必要な資格にはなかなか届かないかも知れません。

 

それでも、今よりも前進することは間違いありません。
そうした「気持ちの在り方」も面談では評価されるポイントです。

 

ですから、資格を取ると同時に、
・自分に自信を持つ
・仕事への強い情熱を持つ
・責任感を持つ
こうした姿勢をハッキリさせることで、企業の信頼を得ることができます。

 

また、主婦には「働く動機」が存在します。
なんとしてでも頑張りたい気持ちが強い。

 

当然ですが、雇う側はいいかげんな気持ちでは困るわけです。

 

今風に、
・合わなければすぐに変わればいい
・仕事が人生じゃないよ風の考え方
・他者に合わせることができない自己中

 

こんなことでは雇われにくいですよね。

 

でも、主婦は違う。
子供や家庭のために何としてでもっていう強い主がある。
だから資格も頑張って取った!

 

ここがアピールポイントです。

 

今どきの企業は、主婦だからといって偏見を持っているわけではありません。
だからこそ、逆に主婦をしてきて磨かれた自分をアピールできる。

 

主婦業、子育ては簡単な仕事ではありません。
やってみればわかるし、それは今理解されています。

 

そんな環境下で資格を取って学びを進めて準備をしてきたことは大いに誇れることです。

 

再就職困難、教育費口頭、住宅ローン地獄が待っている!もう手遅れ?

優秀、有名校に入る子供には顕著な特徴があるとわかっています。

 

・親の収入が高い
・親の学歴が高い
総じてこうした傾向が見られることがわかっています。

 

つまり、教育にどれだけお金がかけられるかで将来が決まってきている。
一流私大などでは特に顕著。

 

東大合格者の半数以上が、年収1、000万以上の家庭の子供とか、、、。

 

受験競争にかけてきた経費も違うのでしょう。

 

また、社会も激変しています。

 

・AIの進歩で仕事内容が変貌している
・自動化が進んでロボットが人に変わっている

 

これまで、「営業なんて体力勝負」と言われてきたのが、
・AIで効果的な面談相手を指示される
・メリットのあるターゲット企業群を選び出してもらえる

 

なんとコンピュータが分析して支援してくれる。

 

そして、3Kに働き手が不足しているため、
・お掃除ロボットが床清掃をしている
・無人でロボットが荷物を運んでくれる

 

オフィスでもこうした機械が活躍している。

 

そこへ「ブランクのある実務に浅い主婦が割り込む余地がある?」

 

これがこれからの現実です。

 

また、政府が主導して定年制延長、再雇用の促進も求められている。

 

しかし企業は雇いたくないので、いろいろ工夫を練っている。

 

・軽作業
・簡単な事務

 

こうした主婦やパートが担っていたことを再雇用社員に担わせようとしています。
・低給与にしたい
・誰もしたくないような単純作業を切り出したい

 

いろいろな思惑と合致できるように図っているのが実態です。

 

こうして、「スキルの無いブランクのある主婦の働きどころはどんどんなくなっている」のが現実です。

 

だからこそ、「資格を取って有利になりたい主婦が続出している」のです。

 

つまり、「もう既に主婦の再就職は簡単ではなくなっている」ということです。
何も準備せずに良い仕事を探しても無理ということ。

 

主婦が資格を取ってブランクを跳ね返す、、、これはもう当たり前になっている。

 

そう、それ自体がスタートラインに立つ最初の一歩になっているということです。

 

やるしか無い!です。